七月大歌舞伎@大阪松竹座

約1年ぶりの歌舞伎観劇。

大阪松竹座にて七月大歌舞伎の昼の部を観てきた。
中村雀右衛門さんの襲名お披露目公演。

最初の演目、「小さん金五郎」は喜劇味あふれる世話物。
特に、鴈次郎さん演じる金五郎と、ちょっと可哀想な役どころのお鶴(吉弥さん)の
やりとりはおもしろく、笑いのたえない楽しい話だった。
番付のあらすじを追わなくてもOKなくらい、話自体も分かりやすかった。

全体を通して関西ことばなのが、非常に耳に心地よかった。


一番のお目当て、仁左衛門さんは「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」に出演。
最初の浜辺の場面から最後まで通して、若旦那(途中から「元」若旦那になる)が
こんなにもしっくりくる仁左衛門さんにすっかり見とれていた・・・
つらい運命をたどるお富と与三郎、でもハッピーエンドでよかった。


今回は2階席での観劇だったが、意外にも観やすく落ち着く感じ。
目の前に大きな人が座らなければ・・・だが、2階席センターの2列目は良席だと思う。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック